概要

日本リモートセンシング研究会(JARS)はリモートセンシングの普及をめざして 1974年に創設された任意団体です.

活動目的

  • 国内および国外のリモートセンシングに関する情報の収集ならびに提供を行う.
  • リモートセンシングの有効な利用方法を研究し,そのために必要な手法の開発を行う.
  • リモートセンシングを正しく理解してもらうための啓蒙活動を行う.
  • リモートセンシングに関して会員相互の啓発を計る.

会の歴史

  • 1973年 リモートセンシング訪米ミッション.コーディネーター村井俊治はじめ13名の参加者により, 日本リモートセンシング研究会設立のアイデアが生まれれる.
  • 1974年 日本リモートセンシング研究会発足(6月7日).初代会長 加藤愛雄.東海大学,東京大学,アジア航測, 日本航測,協同測量社,八州,中庭測量コンサルタント,帝国建設コンサルタント,三菱総合研究所より 計17名が参加.
  • 1974年 リモートセンシング日米合同セミナーの開催
  • 1975年 「リモートセンシング・ノート」の出版
  • 1978年 リモートセンシング測量技術フォーラムの開催
  • 1980年 第1回アジアリモートセンシング会議の開催を後援
  • 1982年 第1回リモートセンシング地域セミナーの開催
  • 1987年 JARSニュースの創刊
  • 1992年 村井俊治,2代目会長に就任
  • 1994年 設立20周年を迎える
  • 2004年 設立30周年を迎える
  • 2014年 設立40周年を迎える

主な活動

  • リモートセンシングに関する研究および調査
  • リモートセンシングに関する書籍,,プログラムの出版,発行
  • 幹事会(勉強会)の開催
  • リモートセンシングに関する講習会の開催
  • 国内地方都市において,セミナー,シンポジウムの開催
  • 国外において,ワークショップ,フォーラムの開催
  • アジアリモートセンシング会議の後援

研究活動

  • 地球環境のモニタリング
  • 宇宙からの地形図・土地利用図作成
  • 資源の検出・監視
  • 水と大気のリモートセンシング
  • リモートセンシングによるアジア地域の問題解決提言
  • マイクロ波リモートセンシング
  • GIS
  • デジタルイメージングシステム
  • 防災GIS
  • 河川流域の調査

国際活動

  • 1978年 リモートセンシング測量技術フォーラム主催(タイ,インドネシア, フィリピン)
  • 1980年以降毎年 アジアリモートセンシング会議(ACRS)後援,
  • 1993年 リモートセンシングワークショップ(タイ,インドネシア)